出会い系初心者がやってしまうサクラ対策と失敗例

初心者がやってしまうサクラ対策と失敗例

Yahoo! 知恵袋で投稿された出会い系サイト初心者からの質問について考えるコーナー、第二弾です。

 

※なお、質問の文章は読みやすい様に一部変更しています。

「初めて出会い系を利用した者です。
単刀直入に聞きます。
サクラかどうか判断しづらかったとき、経験者さんはどうしますか?
率直に「サクラですか?」と聞いてしまうのは失礼ですか?

 

今やり取りしている女性に自己紹介をして「ラインでやり取り可能ですか?」と問いました。
返信が「よろしくです(>_<)どこ住みですかー?」 プロフを見てないし、話が繋がらない...とりあえずサクラ臭い...と判断しました。 プロフ見てもらえたら嬉しいと告げ、もう一度「ラインよければしませんか」 返信「やってないです(>_<)もしあれでしたら返信不要です(>_<)」


さぁどうしたらいいものか...
引くか、続けるか。
考えている返事はこうだそうです。

「ラインにこだわってるわけではないです。お会いして仲良く関係を作れる女性であるならばメールでも電話でも構わないと思ってます、ただ業者かどうか判断材料として聞いたのです。ここ(イククル)に課金する必要性がないと考えているので......」

 

これで聞くならやっぱ失礼ですか?
真剣に相手を探していまして、出会い系初心者過ぎてアホ丸出しですが...
先輩方アドバイスお願い致します。」


まず、率直に「あなたはサクラですか?」と聞いて、「はいそうです」と答えてくれるサクラは皆無ですし、逆に相手がサクラでなければ失礼な質問になるので、この問いはNGです。

 

そもそもこの投稿者の女性に対するメールは、内容にかなりの問題があるように感じます(笑)

 

自己紹介直後にLINEでのやり取りが可能かどうか確認することもダメなら、課金したくないからという理由を打ち明けてしまっているのもダメです。

 

相手がサクラや業者であるかどうかは、やり取りする前の段階で判断ができる場合もあれば、やり取りを通じて分かってくる場合もありますが、やり取りを通じて判断する場合でも、こちらからのメールはあくまでも普通の内容でなければいけません。

 

出会い系サイトを利用する上でサクラや業者の存在を常に意識することは非常に大切な事ですがそれは表に出さないようにして、とにかくリアルな会話のような内容で普通のやり取りを心掛けて、話がかみ合うかどうか、LINEの交換ができそうなのか、実際に出会える相手なのかなどを見極めていく必要があります。

 

出会い系初心者でどうしてもやり取りが続かないという場合は、まず自分自身が発している言葉や内容に問題がないか考えてみてください。

 

利用しているサイトに問題がなければ、普通にやり取りを繰り返していればいずれ普通に出会えるはずなんです。

 

相手がサクラや業者であるかどうかの判断は、おおまかな判別の基準はあっても、極論を言えば経験値を稼いで状況に応じた自分なりの見極め方を会得するしかありません。

 

それができるようになるための大前提として、マトモな会話ができるかどうかということはとても大きなポイントであり、まずはその点を意識して会話ができるように心掛けていくことが大事だと考えます。

「出会い系サイトの掲示板に写真を載せている女性がたくさんいますが、普通に考えて知らない相手に顔を晒すのっておかしくないですか?
そう考えると写真を載せている女性はサクラと考えた方がいいのでしょうか?
出会い系初心者なので分かりません、教えてください!」

という疑問もあるかもしれませんが、顔写真を載せている女性はマトモな女性でもたくさんいます。

 

もちろん美人過ぎるのは「警戒すべき相手」となりますが、素人でもいることはいます。

 

知らない人に自分の顔を晒すことかできるかどうかということは、本人がその事に対してどう感じるか、個人差の問題としか言いようがないと思います。

 

出会い系サイトでなくても、SNSなどで自分の顔を晒している人は世の中にゴロゴロいる訳ですから^^;

 

ただし、前述のとおりあまりにも美人すぎる、万人受けしそうな顔写真を載せている女性は要注意で、この場合はまさに業者である可能性が非常に高いです。

 

もちろん、好みの問題もあるので何とも言えない部分もありますが、異様に目を引くような美貌の女性であればプロフィールなども合わせて確認し、マトモな女性であるかどうか見極める必要が大いにあります。

 

とにかく、顔写真を載せていること自体には何の問題もなく、男女問わず顔写真の掲載は大きなアピールになるので、その事を意識した積極的な人だということは言えるでしょう。

「出会い系サイトの初心者です。
ネットには出会い系サイトの口コミサイトがありますが、ああいったサイトの口コミはアテになりますか?」

口コミ自体は大いに参考になりますが、内容に信ぴょう性があるかどうか、総数が多いか、読み手自身が客観的に読めるかどうか、このような点が大事になると考えます。

 

まず、口コミ数は少ないよりは多いに越したことはありません。
総数が多くなると当然、良い評価と悪い評価の両方の口コミが発生してくるわけですが、単純に良い評価が多ければ優良サイトであるという判断で基本的には問題ありません。

 

また、一つの口コミの中に、良い点と悪い点の両方が盛り込まれている口コミは、極めて客観的に評価されているという点で、より信ぴょう性が高いと言えます。

 

良い内容ばかりの口コミは、サクラや業者などのステマの可能性も否定できませんし、悪い内容ばかりの口コミは、なかなか出会えないことに対する単なる腹いせとも取れるからです。

 

口コミを読むにあたり最も気をつけたいことは、口コミで背中を押してほしいといったような感情を持たないことに尽きます。

 

例えばどうしても利用したい、気になる出会い系サイトがあった場合、そのサイトに関する口コミの中に良い評価の口コミが一つでもあれば、実際は悪徳サイトであったとしても、やっぱり安全で大丈夫なサイトなんだという判断をしてしまう危険性は大いにあります。

 

逆もしかり、優良サイトの口コミにも、悪徳サイトなので気を付けようなどと書き込まれているサイトもあり、このような口コミだけをクローズアップしてしまうと、どんな優良サイトであっても利用できなくなってしまいます。

 

口コミだけでなく様々な情報がネットには存在しているので、それらをもとに多角的に判断できるようなスキルを身に付けることも大切です。